親子で学ぶ!アレルギー白熱教室



アレルギー白熱教室~子供と大人の最新アレルギー事情
大人と子供の最新アレルギー事情



増え続けるアレルギー人口!今や3人に1人がアレルギー持ち

アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギー、ぜんそくなど、同じアレルギー疾患でも、その原因や症状はさまざまです。 「そもそもアレルギーっ何?」ということは、ご存じだと思いますが、

アレルギーとは?

アレルギーは異物を排除しようという免疫反応の一種。本来は無害なものにまで、免疫が過剰に反応してしまい、身体に対して悪さをすること。

そして、今や大人も子供も3割を超えるといわれるほど、アレルギーを持つ人が右肩上がりに増えている原因ですが、これには食の欧米化、大気汚染、ストレスの増加など、 いろいろな考えがあって、そのひとつに「衛生仮説」というものがあります。

衛生仮説とは?

衛生環境が整うにつれて、感染症リスクは減ったものの免疫系が鍛えられないために、アレルゲンに過剰反応しやすいアレルギー体質になってしまうこと。 衛生環境がよくない地域に暮らす人にはアレルギーはいないといわれています。

この衛星仮説について詳しくは、当サイトでも閲覧数が多い「親のアレルギー体質は子供に遺伝する?」に急遽追加しました。 これから子供を産むという方、今子育て真っ最中という方はぜひチェックしてください。非常に重要なことなので。

いずれにせよ、アレルギーはここ30年で急速に増加しているのは疑いようのない事実であり、自分自身が花粉症になったり、 あるときから急に特定のものを食べられなくなったなど、身をもって経験して実感しているはずも多いはずです。

子を持つ親御さんであれば、まさか自分の子がアレルギーとは!と驚くこともありますし、自分が小学生や中学生だったころと比べて、 学校給食が食物アレルギーに対してかなりナーバスになっていることも痛感していると思います。

今はアレルギーに対する認識も取り巻く環境も大きく変わっています。自分が子供のだった頃の認識のままでは、現在のアレルギー事情には対処しきれないと思います。 昔は常識だったけれど、今は非常識なこと、新しい見解や研究の成果など情報や知識を最新のものにアップデートしないといけません。

そしてそのお手伝いをするのが当サイトの役割になります。

アレルギーマーチ~負の連鎖が延々と続く無間地獄

アレルギーの症状は、年齢とともに変化していくことが多いです。治ってくれるのが一番なんですが、 人によっては次から次へと別のアレルギー疾患があらわれるということがあります。

赤ちゃんのころはアトピーに悩まされ、それが落ち着いたら今度は食物アレルギーとぜんそく、やがては花粉症やアレルギー性鼻炎etc... といった感じで年齢とともに次々と別のアレルギー症状があらわれることを「アレルギーマーチ」といいます。

アレルギーマーチ
画像出典:http://uwb01.bml.co.jp/allergy/qa.html

必ずしも次のアレルギーへと進行していくわけではありませんし、どの段階でも適切な治療と対策をすることでコントロールすることができて、治ることもあります。

ただ、最近は子供のころに治ったはずアトピー性皮膚炎が大人になってから再発したり、成長とともに治るはずのアレルギーの症状が治らず、 大人になっても続いている、場合によっては悪化するという人も増えてきているといいます。困ったなー

アレルギーマーチ(年代別の主なアレルギー疾患)

アレルギーについての噂や都市伝説を徹底検証!

アレルギーに立ち向かうには正しい知識を知ることが大切です。子育ての先輩としてアドバイスしてくれる祖父母や年配者の意見もアトピーにかんしては、 昔の認識のままで役に立たないことが多いですし、同じことが勉強していない皮膚科や小児科の先生にもいえます。

なので、アレルギー専門医にかかるのが理想といえば理想です。

とりあえずここでは、アレルギー初心者がよく抱える疑問、そしてアレルギーについてよくある噂についてそれが真実かどうかをはっきりさせていきます。 今の自分のアレルギーの認識と最新事情はどう違うのかギャップを痛感する意味でも役立つと思いますよ。

閲覧数が多いQ&A トップ3
親のアレルギー体質は子供に遺伝する?
やはり一番気になるのは遺伝の影響のようです。両親ともにアレルギーの場合と片親のみがアレルギーの場合ではやっぱり違うのか? アレルギーになりやすいのがわかっているならどんな対策をすればいいのか?皆さん興味があるようです。

一度発症したアレルギーは治らない?
こちらは花粉症で死にそうになっている方に人気があります。そりゃーそうでしょう。時期限定とはいえば、 あの苦しみが今後も続くとなると辛いすぎますから。果たして治るのかどうか?について詳しく解説しています。

妊娠中・授乳中の母親の食生活が子供の食物アレルギーに影響する?
母親の胎内にいるときから2歳までの1000日間に適切な栄養が摂取できるかどうかがその子の身体の健康や脳の成長を決めるといわれています。 では、アレルギーにはどんな影響を与えるのか?気になります。