かゆみが辛い「アトピー性皮膚炎」



アレルギー白熱教室~子供と大人の最新アレルギー事情
大人と子供の最新アレルギー事情



アレルギー白熱教室TOP » 大人と子供の4大アレルギー » アトピー性皮膚炎

皮膚が赤くなったり、ジクジクしていればアトピー性皮膚炎です。

花粉症は年中行事になってきている?

赤ちゃん=つるつる肌のイメージが崩壊!?

よく理想の肌として赤ちゃんの肌が挙げられますが、実際は成長途上ということもあって赤ちゃんの肌は問題だらけなんですね。 そのひとつがアトピー性皮膚炎。強いかゆみのある湿疹が慢性的に続きます。

アトピー性皮膚炎とは?

赤みや強いかゆみ、カサカサした乾燥などの症状が肌表面にあらわれるのがアトピー性皮膚炎です。強いかゆみがあるので、 それを掻き毟ってしまい、出血を繰り返すうちに、皮膚がゴワゴワと硬く厚くなってしまうのが特徴です。 乳幼児は顔や頭、2歳以上はひじやひざの裏側などにそうした症状がでやすいです。

アトピー性皮膚炎の原因は?

アトピー性皮膚炎を引き起こすものには大きく遺伝因子と環境因子があります。

遺伝因子

生まれつき皮膚のバリア機能が弱く、保湿力もなければ外部刺激にも弱いという肌質であったり、 IgE抗体を作りやすいアレルギー体質が該当します。

環境因子

ダニ、ハウスダスト、カビなど特定のアレルゲンに反応してしまう場合と、汗やシャンプー、 乾燥、ストレスなどの刺激によって引き起こされてしまうものがあります。

乳幼児~幼児期のアトピーの場合は遺伝因子をもっているケースが多く、そこにダニやハウスダスト、汗や汚れなどの悪化因子が重なると 発症したり、症状が悪化したりします。また、乳児期のアトピー性皮膚炎の多くは食物アレルギーと関係しているといわれているので、 そちらの関連性もチェックしておいたほうがいいでしょう。

アトピー性皮膚炎の肌というのは、カサカサ・ゴワゴワしており、乾燥してますし、強いかゆみがあるのが特徴で、 かきむしって肌から出血してかさぶたができたり、化膿して痛みがでることもあって、非常に不快指数が高いです。

ハイハイができない赤ちゃんであってもかゆみをなんとかしようと必死に顔や体をよじらせて、かゆみと戦っている姿を見るのは非常に心苦しいです。 ホームケアでできることとしては、毎日の入浴やシャワーで皮膚を清潔に保ち、ワセリンなどの保湿剤で肌を保湿&保護してあげることしかありません。

これだけでもアトピー性皮膚炎はよくなります。

炎症がひどい場合は、さすがに薬物療法が必要になります。ここで登場するのがステロイド外用薬です。医師の監視のもと正しく使えば大きな問題は 起こらないといわれていますが、副作用が怖いなど悪いイメージが先行してしまっている塗り薬なので、使用を拒んだり、勝手に塗る量を減らすなどして、 むしろアトピーを悪化させたり、引き伸ばしているケースが非常に多いそうです。

成長にともない、皮膚が厚くなってくるとアトピーも良くなっていくケースが多いです。ただ、症状が落ち着いてきて、塗り薬を塗るのをサボったり、 保湿ケアを怠ったりするようになると、また症状がぶり返してしまうことも多いです。自己判断は禁物だってことですね。

「塗り薬×保湿ケア×悪化因子を遠ざける」を根気よく続ければ子供のアトピー性皮膚炎は、よくなったり、悪くなったりしながらも 確実に良い方向に進み、自然に治ることもあるので、気長に付き合っていくことが大事です。

大人の成人型アトピー性皮膚炎とは?

はい、これは私が経験済なので、そのお話をしますね。

ある日突然、目の上がすごくかゆくなりだしました。あまりに強いかゆみで皮が剥けて掻いてしまうんです。 ついには試合後のボクサーのようなまぶたになってしまいました。

乾燥肌や敏感肌に困っている人は多いと思うんですが、アトピー性皮膚炎の場合はそこに強烈なかゆみが加わります。そしてまぶたなどの 皮膚の薄い弱いところにその影響がでてきます。大人のアトピーは顔や上半身に症状が集中するのが特徴です。

※参照:乾燥肌ではなくアトピー性皮膚炎かも!?

で、皮膚科にいったんですが、顔をみるなり「アトピーだね。」といわれました。薬は使いたくなかったのでとりあえず保湿剤だけもらって、 いわれたとおり、お風呂あがりなどに保湿剤を塗って保湿に努めました。そのおかげでしょうか、顔のかゆみは治まりました。

顔以外にもお腹がかゆくて掻いていたんですが、今でもこのときにできてしまった色素沈着が残っています。 顔にステロイド外用薬を使うのは怖かったんですが、今思うとお腹には使っておけばよかったなーと思います。

大人のアトピー性皮膚炎の特徴

  • 顔と上半身に赤み、かゆみ、湿疹がでる
  • 乾燥肌かな?と思ったらアトピーということがよくある
  • ストレスがきっかけで発症することが多い
  • アレルギー体質の人は注意
  • 運動後やお風呂上りなど体が温まった後のかゆみが辛い

私の場合は、仕事を止めたらアトピーは全快しました。その後、一度だけかゆみが復活したことがあったんですが、 そのとき、人工甘味料入りのガムは食べまくっていたんですね。これが怪しいなと思って食べるのを止めたところ、かゆみはピタッと止まりました。

当時は人工甘味料がアレルゲンになるなんて情報はなかったんですが、今検索してみると、人工甘味料でもアレルギーになるって話がでてますね。 時代を先取りしてましたね。アトピー性皮膚炎の人は人工甘味料も悪化因子として考えていたほうがいいと思いますよ。

あとこれは完全に個人的な主観ですが、成人型アトピー性皮膚炎の場合は、ストレスが引き金になると思います。ストレスの影響で、 免疫系が乱れて発症するというケースが多いのではないかなーと思いますね。

アレルギー疾患といってもアトピー性皮膚炎はちょっと特殊で、特定のアレルゲンに反応してというケースもあれば、 乾燥や汗、熱いお風呂、せっけん、ストレスといったことが悪化因子に反応する場合もあります。

どっちかというと後者の影響のほうが大きい気がするんですけどね。

治療は子供のアトピーと同じで「塗り薬×保湿ケア×悪化因子を遠ざける」の3本柱です。

大人と子供の4大アレルギーその他の症状をチェック!

ぜんそく
気道が炎症を起こしてしまうのが「ぜんそく」。ぜいぜい苦しそうにしていたら要注意。
食物アレルギー
新聞をにぎわす子供のアレルギーがこれ。食べ物を異物として認識してしまいます。
花粉症
大人のアレルギーの代表格といえばこれ。ある日突然発症し、治らないのが何より辛い。