乳幼児に一番多い「食物アレルギー」



アレルギー白熱教室~子供と大人の最新アレルギー事情
大人と子供の最新アレルギー事情



アレルギー白熱教室TOP » 大人と子供の4大アレルギー » 食物アレルギー

大人も油断できない!食物アレルギー

大人も油断できない!食物アレルギー

時間をおいてから症状が出てくるケースも....

アナフィラキシーショックで最悪死に至ることもある食物アレルギー。学校給食などはかなり神経質になってますよね。 大人にとっても無関係な話ではく不調の原因が遅発性フードアレルギーというケースも増えています。

食物アレルギーとは?

食物については異物として認識されて免疫が働くことがないような仕組みが備わっているんですが、 この仕組みに問題があると、異物扱いされた食物を排除しようと下痢、吐き気、じんましん、舌や唇の腫れ、のどのイガイガなどのアレルギー反応がでてきます。

食物アレルギーの原因は?どうやって治療するの?

食物アレルギーは消化・吸収機能がまだ未熟な乳幼児に多くみられて、その多くがアトピー性皮膚炎を併発しています。なので、この時期のアトピー性皮膚炎の根本的な原因は食物アレルギーであるケースもあるということです。

生まれてまだ数か月で離乳食もはじめていないのに食物アレルギーになってしまったりすると、「妊娠中にアレルゲン除去食を行わなかったのが原因かも?」 と悩んでしまうママさんが多いんですが、食事制限していようがいまいが子供の食物アレルギーの発症に関係ないというのが最新の研究報告になってます。

同様に授乳中も除去食が必要なケースというのも稀なので、偏りのないバランスの食事をとるほうが母体や子供のためになります。 ネット情報を参考にして自己流で除去食などをやってしまうようなことすると、母体の健康や胎児、乳幼児の成長を損なう可能性があるので、絶対やってはいけません。

アレルゲンになりやすい食べ物【子供の場合】

  • 牛乳
  • 小麦
  • そば
  • ピーナッツ
  • エビ

紹介した食べ物以外にもアレルゲンとなる食べ物はあります。

また、年齢とともにアレルゲンになる食べ物が変わっていくのにも注意が必要で、検査で必ずアレルゲンとなる食べ物を特定しておくことが大切です。

該当する食べ物を食べないようにするというのが食物アレルギー対策の基本になりますが、調理の仕方で食べられるようになったりするので、 除去する食べ物は必要最小限にとどめるということが大切です。あまりにも多くの食べ物を除去するとまともに栄養を摂取できなくなってしまいますので。

乳幼児の時期に発症した食物アレルギーは、成長するにともない、消化・吸収機能が成熟してくると治るケースがほとんどです。 定期的に食物負荷試験を受けて、医師と相談しながら、徐々に制限していた食べ物を解除していく形になります。

大人になって急に発症するのも食物アレルギーの特徴!

子供の頃にアレルギーとは無縁だった人も突然食物アレルギーが発症します。

私自身、ビワを食べたときにこれまで感じたことがないのどのイガイガ感を感じて、「発症してしまった。。。」と目の前が真っ暗になったことがあります。

リンゴを食べた後もイガイガ感があったんですが、最近食べたときは大丈夫でした。 ちなみにさくらんぼを食べた後は舌がしびれることもありますし、必ず下痢をするのでまちがいなく食物アレルギーですが、 さくらんぼを食べられない人生は考えられないので食べてます。

アレルゲンになりやすい食べ物【大人の場合】

  • リンゴ
  • サクランボ
  • 大豆
  • メロン
  • ピーナッツ
  • エビ

大人の食物アレルギーは、「食べて発症するタイプ」だけでなく「皮膚や粘膜のアレルギーから始まるタイプ」もあるのが特徴で、 典型的なものは、花粉症になってから果物や野菜を食べられなくなるというケースです。

これは果物や野菜に含まれている成分のなかに花粉のアレルゲンに似たものがあるためで、それに反応してしまうのが理由です。

また、茶のしずくという洗顔石鹸を使っていたユーザーが小麦アレルギーになって集団訴訟を起こしていましたが、あれも石鹸に含まれていた 小麦由来の成分(加水分解小麦)が皮膚に付着して、それが蓄積されて、食物アレルギーになってしまった例です。

食べるものだけでなくスキンケア用品から食物アレルギーになるってことですね。

成長したらそのほとんどが治る乳幼児の食物アレルギーに比べて、大人の食物アレルギーは、一度発症すると治らないケースがほとんどです。 だから悲劇なんですよね。

最近、話題なのが「遅発性フードアレルギー」

ここ最近、美容や健康雑誌に取り上げられることが増えているものに「遅発性フードアレルギー」があります。 その名のとおり、症状がでてくるまでに時間差が生じるという食物アレルギーのことです。

この遅発性フードアレルギーは私たちが認識しているアレルギーとはいろいろな点で異なるので、気づきにくいですし、対応の仕方も独特です。 なので、正しい知識をまず身に着けるということが大切です。

「遅発性フードアレルギー」の特徴

  • アレルゲンを摂取してから数時間~数日経ってから症状が現れる。
  • 肌あれ、慢性疲労、不眠、眠気、倦怠感、関節痛やイライラなど症状が多彩
  • IgEではなくIgGという別の抗体が発症に関わっている
  • 年齢に関係なく発症する
  • 健康や美容のために常食しているものがアレルゲンになりやすい
  • 卵・乳製品に反応を示す人が非常に多い
  • 遅発型アレルギーの検査費用は高い
  • 一定期間アレルゲンを除去すると改善するケースが多い

傾向として、戦後、日本人が食べるようになったものが遅発性アレルギーのアレルゲンになりやすいようです。 卵や乳製品、キウイ、バナナ、パイナップルといったフルーツ、パンなど。

欧米型の食生活にまだ日本人の体質が追い付いていないことが遠因だともいわれています。

常食しているものがアレルゲンになっていることもあるということで例えば毎日食べているヨーグルトが原因というケースもあり、 よく食べる自分の好物がアレルゲンであることも多いという非常にやっかいなものです。

もし、今何か良く原因はわからないけれど、不調という場合は遅発性アレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。 検査すると自分のアレルゲンが何かわかるんですが、検査費用が3~4万円もするのでちょっと厳しんですよね。

最後になりますが、遅発性フードアレルギーは一般的な食物アレルギーと違って、半年間、アレルゲンを除去すると改善がみられて、 ガマンしていた食品も食べられるようになるみたいです。(毎日は無理で、1日食べたら3日空けるといったペースになります。)

遅発性フードアレルギーというものがあるということだけでも覚えておいてくださいね。

大人と子供の4大アレルギーその他の症状をチェック!

ぜんそく
気道が炎症を起こしてしまうのが「ぜんそく」。ぜいぜい苦しそうにしていたら要注意。
アトピー性皮膚炎
強いかゆみのある湿疹が続き、肌が出血&ボロボロになるまでかきむしることもあります。
花粉症
大人のアレルギーの代表格といえばこれ。ある日突然発症し、治らないのが何より辛い。